スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血中酸素測定器

Fingertip Oximeter
パイクスピークでのトレーニング中の体調管理のために、血中酸素測定器を購入しました。
少ない酸素濃度の中で、ブラックアウトせずにゴールできるように、早い日程で現地入りして身体を慣らします。
体で感じる感覚だけでなく、数値で確認しながら万全の態勢で挑みます。
週一回のペースで行っている低酸素トレーニングは、血中酸素濃度と脈拍を測定しながら行います。60%以下になると危険な状況になるので、運動しながら上手な呼吸で80~90%台を保つトレーニングをしています。
サイドカーのドライバーは、コーナリング中にハンドルを押さえ込むために、呼吸を止めていることがあるので、呼吸を止め、一気に呼吸してまた止めてを繰り返しながらトレーニングをしています。体質によるらしいですが、私は適合能力が高いようで、いろいろな呼吸法を試しましたが、70%以下に下がることもなく、体調が良ければ問題なさそうです。日本を出発するまでは、週1回のペースでトレーニングを続ける予定です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。